読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心身ともに健康な老後を〜(^・^)

今朝、新聞ではがき随筆大賞についての記事を目に

していろんな思いを巡らしました。

高齢者の瑞々しくも豊かな感性が光る受賞作品が

目立ったと言う事です。

心が健康に歳を重ねた方は、積み重ねた人生の分

若い人より感性が優る事でしょうし、それだけに

感動を与える作品が生まれるのでしょう。

受賞表彰式会場で「年をとるのが楽しみになった」と

いう声も聞けたのも頷けます。


たまたま、一昨日、私は、堀文子さんの画文集を図書館より

借りて来ていました。バス待ちの時、バス停前の酒屋さん

のウィンドウに彼女の画文集が掲示されていて、よく目に

して興味が湧いた事がきっかけでした。

97歳の現在も現役との素晴らしさに驚くと同時に尊敬の念が

湧いて来ます。

画も繊細で、あらゆる生命への賛歌に満ちていますし

文も説得力があり「命といふもの」の題名にふさわしく

命の輝きを訴えかけてくれます。

まだ第1集を鑑賞させて貰っただけですので、第2、第3と

借りて来て彼女の生き様に触れたいです。

心身ともに健康で長生きする事の大切さをひしひしと

感じますし、心が病んでいる人達には是非、手にとって

貰いたい一冊です。

きっと、勇気と希望が湧いてくると思います。