読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

折角のバレンタインが・・・・・(T_T)

1月に2回も入院をしたばっちゃま。

持ち前の体力でカムバックし、入院で認知症

進んだりしないか?歩行困難になるのでは?の

周りの心配も吹き飛ばしてくれたのもつかの間。

なんと、今月に入り、1週間義理妹宅で世話になり

帰宅するや否やインフルエンザ発症となり、またまた

一騒動となりました。

たまたま息子がいたから、おんぶして貰い100段以上の

階段を往復して病院へ連れて行ったり出来て、仕事

そっちのけで掛かりきりでした。

先月罹患した私ですが、うつされる可能性もあるという

事でしたが、結局私が看病するしかなく看護師のお嫁

ちゃんの指導をあおぎながらマスクしての奮闘でした。

14日の夕方には40度を超す発熱になり、解熱剤飲ませても

なかなか熱が下がらず焦り、急遽お嫁ちゃんにも応援に

駆けつけて貰い、息子夫婦泊りがけの看病となりました。

どうにか、38度台に下がり、水分補給やら、下の世話を

済ませ寝せて、4人でワインとか飲んで、合同でバレンタイン

を祝い?ました。こんな時は、息子達に甘えるのもいいなと

あらためて思いましたし、ホント、助かりました。

ダーリンにうつると大変だし、看病・介護もして食事の世話も

してと一人では思うようにはかどりませんし・・・・・。

プロのお嫁ちゃんにばっちゃま見て貰い、私が家事を・・・

週末の為、病院への連絡とかもてきぱきとしてくれて貰い

恩の一字でした。翌日曜日に熱が上がった時の対策も立て

てくれて心強かったですね〜(^_^;)

皆の看病が功をなし、日曜日の夕方には、37度台に下がり

食欲も出て、一件落着。トイレにも行けるようになりました。

月曜日は、微熱程でだいぶ元気になり、息子夫婦も帰宅。

火曜日の朝、なんと「出掛ける。」と言い張ります。

平熱になったばかりですし、まだ外部接触は控えねばなら

ないし、歩行もまだままならないクセして言い張るのです。

認知症だから、言い聞かせてもすぐ忘れますし、何度も

言い続けて他の事が手につきません。さすがの私も頭に

来て「朝から何度も言ってるやろ、紙に書くけん、読ま

んね!」と言って、張り紙を2枚、机の上と部屋のドアに

貼りました。すると、「そうさ!それが確実さ!!」と

偉そうに言い放ち、(垂れ流しの人のセリフかよ!!)

それでも張り紙も無視して出掛けると言い、着替えるので

困り、介護経験者の息子に相談。

『そんな時は、言い聞かせる人を変える必要がある。』

との事で、息子が来てくれてばっちゃまに話を・・・・・

その時だけなのですよね、「そうね、仕方なかね。」と

大人しくなるのは・・・・・(-_-;) 息子が

「仕方なかね、会社に連れて行こうか?落ち着くかも・・・」

と薬やら紙パンツやらを用意して連れて行く事にし、ダーリン

にも車道まで迎えに来て貰いましたが、やっぱりまだ無理

だったようで、途中で引き返すはめになったのです。

さすがに本人もきつかったようですが、納得したようで

それ以降は大人しくなり、ホッと出来ました。

仕事も立て込んで忙しいのに、散々振り回され、疲れました。

意気消沈していて可哀そうだったので、「おやつ食べる?」と

言ったら「うん。」と目に輝きが♪(^◇^)

おまんじゅう食べたら機嫌も治り、お手玉させて褒めると喜び

どうにか落ち着きました。

昼ご飯食べさせながら、「たくさん食べて元気になったら

お出掛け出来るけんね♪」と言ったら「出掛けられんやった。」

と悔しそうにしていました。自分の思うように行かなかった事

に関しては納得できるんだとあらたな発見が!一つ勉強になり

今後の参考になりそうです。

翌日(罹患後、5日目)まで時間を持たせなきゃいけないので

本とか持って来ますが、興味を持ってくれないのでアルバムを

見せると飽きずにずっと見ていましたので、これこれ♪と思い

翌日までこの手で乗り切りました。

翌々日にはデイサービスにも行けて、昨日よりショートステイ

行く事も出来ました。

あ〜あ、つかの間ですが命の洗濯をしている所です〜(^・^)