読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

友情はどこへ・・・・・

もう、はるか昔になってしまいましたが、(^・^)

私の結婚式に呼んだのですが、どうしても都合で

出席できないけれど、自分が画いた油絵を

お祝いに送ってくれた学生時代の友人がいました。

来て貰えなかったけれど、心のこもった贈り物に

とても感激し、その画を飾って、彼女を想い出し

その画に励まされたものでした。

同じ九州内でも、なかなか会う機会がなく、年賀状の

やりとりをする仲が続いていました。

お互い、それなりに幸せな家庭生活を送っていましたし

いつか子供達が手を離れる時が来たら、会えるかな?♪

なんて思っていた矢先の事です。

もう、5,6年前になりますが、突然電話がかかってきて

お願いがあるんだけれど、あの画、返してくれない?」と

言うのです。びっくりするやら、悲しいやら

「あれは、あなたからのお祝いのプレゼントでとっても

大事に飾っているし、手放せない。」と返事しました。

ホント、悪いとは思うけれど、皆に配ってしまって手元

に一枚もなくて・・・。」と言うのです。

「また、画いたら〜?」と言っても

もう、画けない。お願いだから返して!」と言われ

ものすごいショックを受けました。

希望通り、即、梱包して送りました。

画が届いたと連絡があり、彼女がこだわっていた絵とは

違っていたらしく、バラの絵のが戻って欲しかったらしい。

私にくれたのは、カトレアの花の絵でした。

いったい、友情ってなんだろう?もう、私への気持って

残ってないんだろうか・・・・・

それ以降、年賀状も出さなくなりました。

今、冷静に思い出してみると、彼女、思秋期を

迎えていたのかも?

「いつか、また、私の所に戻してくれるよね?」と言って

それっきりだけれど、彼女の心も画も、もう戻って

来ないんでしょうね。(_ _)