読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あぁ・・・・・(-_-;)

新年の幕開けは、四男夫妻の来訪を待つ事で

始まりました。

大晦日から冷えてきましたし南国長崎も時おり

雪嵐模様でした。

8時から8時半の間に来ると言うので待っていました。

せっかくだから揃って新年を迎えたいですからね。

ばっちゃまのパンツの中を検証したら大洪水でしたので

御馳走をお座敷に運ぶ前に、まず、ばっちゃまの新年準備!

まさかばっちゃまの下の世話が初仕事になるなんて・・・・・

でも、気持良く新年迎えねばなりませんからダーリンに指示し

臭いが拡散しないよう手早く、おしりも拭いて紙パンツも変え

洋服もオール着替えさせました。洗濯機も即、初仕事です。

四男夫婦も悪天候のため、1時間ほど遅れて到着。

長男・三男は、残念ながら帰省出来なかったので、次男と

四男夫婦、ばっちゃまと私達夫婦で、新年を祝いました。

ばっちゃまは、食べようと待ち構えていましたし、只、ひたすら

食べまくります。食べ過ぎが心配なので、皆で皿に取ってあげたり

たくさん口に詰め込まない様に注意したりしながら、ビールも

ノンアルコールのを用意していましたから、皆で乾杯し御馳走に

舌鼓打ちました。昼前に、義妹家族がやって来ましたので、お膳を

そのまましていたら、ばっちゃまは、また一緒に食べているのです。

「たくさん食べたばかりだから、もう終わり!」と言ったら不満そうに

していました。ダーリンからも「食べ過ぎ!もう、終わり!!」と

言われると、悪態をつくなど元気過ぎる位でした。

目の前にあると延々と食べるのでワンプレート皿を買う必要性を

感じていた矢先でした。食欲が異常なほどあるのが困りものです。

義妹家族が帰って行き、急いでテーブルを片づけて、ばっちゃまには

お昼寝をさせ、私達は、初詣と私の実家へ新年の挨拶へと4時間ほど

家を留守にしました。午後、6時頃帰宅し、ばっちゃまに夕食を用意し

お嫁ちゃんが付き添ってあげると言ってくれたのでお言葉に甘え夕食を

無事済ませたのですが、ばっちゃまが寒いと震えていると言うので

体温を測ると39度越す熱があり、皆で騒動しました。

幸い、お嫁ちゃんが看護士なので、てきぱきと対処してくれて薬を

選んでくれて飲ませてくれました。意識ははっきりしているので

寝せて様子をみることにし、「インフルエンザかもしれないから

全員マスク!」の掛け声に全員がマスクマンとなりました。

四男夫婦は泊まる事になっていたし、お嫁ちゃんが一晩横で寝ますと

言ってくれたので、お任せする事にし、本当に心強かったし有難かっ

たです。2日の朝には、37度台になっていましたから、落ち着くかな?

という判断で、私達夫婦と四男は、予定通りに初稽古に出掛けました。

昼ご飯も食べ食欲あるし大丈夫みたい♪ということになり、トイレに

も自分で行ったりしていたので、夕方には、四男夫婦は帰って行き

ました。ところが、また熱が上がり、立つどころか座る事さえ出来ず

ぐったりとなり、水分補給はしないと危険だし、この夜は私が徹夜で

看病しました。2,3時間置きに様子を見て水分補給と下検証です。

3日の午前4時には、36度2分の平熱まで下がったので安心していたの

ですが、日が上がるとともに、また昼前に、39度近くまであがり

病院行きを決め、”歴史博物館奉行所寒稽古”行事に進行係で行って

いたダーリンが帰って来るのを待って救急車でかかりつけの病院へ

運びました。

たまたま、かかりつけの先生が当直だったのでラッキーでした。

即、点滴を受け入院、5日(今日)から精密検査の段どりとなりホッと

しました。しかし、こんなに騒動したのに、昨日4日の昼には熱が

平熱となり、食事も完食、ダーリンが靴とか持って行ったら本人は

退院すると勘違いするなどで苦笑いするしかない状況だったそうです。

救急車で搬送した手前、2,3日は入院してもらわないと格好つかない

じゃないですか・・・・・検査は予定通り行われますが、たぶん大した

ことはないのでしょうね。全く、”お騒がせばあさん”です。(-"-)

ばっちゃまもお気に入りの角煮です〜♪