読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なげかわしい・・・・・(-"-)

昨日、今年最後の少年剣道大会がありました。

今年のお世話納めになるしで、無事、終了を願い

いつものように準備万端で挑みました。

今回は、主催が県のある団体でしたので、私達の

剣道協会は共催という立場でした。よって、申込み

受付は、その団体の事務局がされたのですが、参加

道場の関係者が、なんと締め切りが過ぎて、申込ん

で来ていながら、

「何故、申込みを受け付けてくれないのか!」と

文句を言う所があったとか・・・・・

過去も締め切り過ぎて申し込んだりするケースが

あり、選手の子供達が可哀そうだからという理由で

受け付けてきたそうです。大会を運営する側は

いろいろと準備で忙しいですし、締切日を守るのは

当然の事です。それなのに、文句を言うなんて

言語道断も甚だしいです!!

「礼に始まり、礼で終わる。」武道精神のかけらも

ありません。

情けないですね、何のために子供達に剣道を習わせている

のか?保護者も子供達と学ぶべきです。

年々、レベルが下がって行く保護者にうんざりしています。

少数の低レベルの保護者の為に、素晴らしい保護者の

方達まで悪く言われなければならないなんて悲しいです。

来年からは、申込み過ぎたら絶対受け付けないと断言され

ていました。温情のかけらもないように取られるかもしれ

ませんが、申込期間は、2ヶ月位あるのですから忘れない

うちに早目に申し込めばすむのですからね。

最低限のマナーを守るのは当然ですよね。