読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌われ虫の季節

火・木曜日は、ダーリンは、道場の時間に合わせ4:30には

仕事を止め、道場へと出掛けますので、その後は5時過ぎまで

私が会社に残りますが、土曜日は、仕事を早目に切り上げ、

私も車に同乗して道場へと向います。

一昨日の事です。「今日は、暑かね〜♪」と言いながら

車に乗って出発すると、なんとカマキリがワイパーに

しがみついているではありませんか!

「え〜っ、嫌ね〜、あっ、こっち見てる!ワイパー動かし

て、追っ払おうよ♪」ということで、ワイパーを・・・・・

しかし、ワイパーの根元の所にしがみついているので

離れません。必死でしがみついています。

「よし、水攻めで行こう!」水も発射しワイパーも動かし

ましたが、それでもしがみついています。なんと、ジロリと

三角の顔を首を回してこちらを睨みつけます。

「根本におるけんね〜、ちょっと先に進んでくれたら、ピョーン

て飛んで行くとにね!」と私がいったからでしょうか。

「ほら、お前の方、睨んどるぞ!(^◇^)」とダーリン。

何回か揺さぶってみましたが、こちらの方が根負けして道場

まで、連れて行きました。私は、途中で実家による為、降ろして

もらったので、最終情報を聞くと、道場でポーンと投げたと

憎々しげに言っていました。カマキリには罪はありませんが、

どうしても好きになれません。大きなカメムシの季節が終わって

今小さなカメムシがたくさんいますし、セミや蝶、鈴虫、コウロギ等

風情ある昆虫類と違って疎まれるこの虫達は、とっても可哀そう

だけれど、必死で生きているんだなとしみじみ思いました。(^_^;)