読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物事は取りようで・・・・・

定年退職後のお父さん達を揶揄する言葉をよく

耳にしますが、確かに、仕事オンリーで来て

いざ家庭を振り向くと何もかも解らない事が

多いとか、何をしたらよいのか解らないという

のは、仕方がない事だと思います。

妹が、骨折をしてまだ不自由な身分ですが

ゴミ出しさえ、旦那がまともに出来ないと文句を

言っていましたが、した事がないから要領が解ら

ないわけで、任せてお願いする事で本人の勉強に

なるわけです。

私の場合、専業主婦でなかったので、結婚当初から

ダーリンは、ゴミ出しだけは、協力してくれていたので

その他の事は出来なくてもゴミ出しはプロです。(^◇^)

実家で、いろいろ話をしていたら、ある定年退職後の夫が

家で何もする事がなくて、食前のお膳立てをされるとか♪

私は、それを聞いて、「有難いなぁ、感心だなぁ。」と思った

のですが、その妻は「早く、食事にせろ。と言わんばかりで

腹が立つ!」と言われるとか。

それはあんまりではないかと思いました。

妻が食事を急かされていると感じるのも解らないわけでは

ありませんが、少しでもお手伝いをと言う夫の気持ちを

解ってあげれる心の余裕を持って欲しいと思いましたね。

今まで家族の為に一生懸命外で働いてきたのですから。

家の場合、自営業で傍らで一緒に仕事しながら見て来ています

から社会の厳しさも十二分解っていますから、心より労いの

気持ちは持っています。

今は死語に近いかも知れませんが、専業主婦の方ってそこの所

が不理解の方が多いように思われます。だから、定年退職した

とたんに、夫を粗大ごみ扱いにするのでは・・・・・。

もちろん、そうでない方もたくさんいらっしゃると思います。

温かい目で見て、上手にリードして活用してこそ、本当の

良妻賢母ですよね。(^・^)

ついついヘルシー料理ばかり作っていると「たまにはコッテリが食べたい!」と
ダーリンからクレームが・・・・・(^_^;)