読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

触れられて欲しくない事

昨日のブログに登場した高校の恩師であるN先生。

○○高校校長を最後の職場として定年退職された後

○○予備校にて、あの頃のように原点に戻り教壇に

立たれているとお聞きしていました。

流石だなぁ♪教職を聖職とされている事に感動を覚える

と同時に尊敬の念を感じずにいられません。

成績の優劣で生徒を差別する事がなかった先生でした

から、生徒から慕われていましたし、外見の田舎くさい

風貌もかえってチャーミングポイントでした。

とても情熱的な所もあって噂では教え子のお姉さんと

結婚したとかいう噂でした。

一度、自宅へ遊びに言った事があって、可愛い若い奥様と

先生そっくりな坊やを記憶しています。

二十数年前だったと思いますが、同窓会の時、近況報告とか

しあって「先生の所の息子さんも、もう大きいよね。」と

お尋ねした時、「いや、僕ん所の話はいいよ〜♪」と

言われ、そのまま深く聞かずに終わっていました。

昨日、Mちゃんと話していたらN先生の息子さんには

障害があられたそうです。全くそういう噂も聞いた事が

ありませんでしたし、びっくりすると同時に、わざわざ話す

事ではないと思われていて話題にされなかったのでしょう

けれど、触れられたくなかった事かも・・・・・。

誰しもそう言う事はあるでしょうし、そう言う事を自然と

話せるような世の中が本当に差別の無い世の中だと思います。

どんな障害であられるのかまでは、知りませんが、この世に

生を受けて来た子供達が、それなりに幸せに生きて行ける世の

中であるべきですね。