読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優雅さと厳しさ♪

バレリーナの菅井円加さんのドキュメンタリー番組が

あったのを、たまたま見る事が出来ました。

17歳で、ローザンヌ国際バレーコンクールで優勝し、瞬く間に

世界中から注目された彼女ですが、今は、ドイツハンブルグ

ナショナルユースバレエに所属し、バレー漬けの毎日を送り

その選りすぐりの8人のメンバーのプリマとして活躍されています。

あらゆる所で、パフォーマンスもされていて、路上でもあって

いるのを見てびっくりしました。

クラシックとモダンという幅広い活躍で全身を使っての表現に

思わず引き込まれてしまいます。

全メンバーから一目置かれている存在で、『スゴイ!!』の一言

に尽きますね。男性並みのハイジャンプとしなやかで繊細な表現♡

踊りだすと手足の長い綺麗な他の外国人ダンサーも霞んで

しまいます。彼女の内部から溢れだす不思議なオーラが渦巻き

舞台を独占していました。

3歳から始めたと言うバレエも幼少時から納得いくまでやらないと

気が済まなかったとか・・・・・。

努力家で情熱家だからこそ、今の彼女があるのでしょう。(#^.^#)

ただ、左足首を痛めているらしく、無理されない事を祈っています。

プロバレーダンサーである為、弱音を吐かずに頑張っている姿が

痛々しかったです。語学の問題も乗り越えて頑張っている彼女が

まだ二十歳なのに、とてもとても大きく見えて大感動しました。

これからも、羽ばたいて欲しいです〜。\(~o~)/