読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加齢に憂い

60歳過ぎても筋肉質でお腹も出ず元気印だった

ダーリンは、昨年の肺炎入院以来は、少し自信が

下降気味でしたが、1年経って少し上昇傾向に・・・

ところが先日、仕事中に突然

「おかしい!目がおかしい!睫毛に何かついとらんか?」

と言うので見てあげるのですが別に異常はありません。

何か光って見えるらしいのです。

「何もついとらんよ。眉毛やろ〜♪切らんねて言うのに

切らんからさ〜♪」と私。眉毛の白髪のせいと思いました。

「うんにゃ、違う!!」とパニックです。

「はよ、病院行かんね。」と眼科へ、即、行きました。

検査が終わって帰って来ました。

網膜が捲れていたそうで加齢によるのだそうです。

後、瞳孔の開閉にも時間がかかる体質らしく20年後位に

緑内障になる恐れもあると言われ、がっくりして帰って

来ました。目薬でしばらく様子を見ると言う事で落ち着いて

いますが、加齢によると言われたらどうしようもないです

ものね。

「もう、ゆっくりせんばさ♪」と私。眼は神経が集中してる

所ですし、神経質気味のダーリンの弱点にもなっているのでは

と思うのです。あれもこれもと全力疾走してきたから、きっと

神経が疲れ果ててるのだと思います。

脇道に私が誘導してあげる時が来たようです。

『加齢』を『華麗』に変身させなきゃですね。(^.^)

まず、美味しいパンでも食べようや♪