読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名誉欲?

年度末となり、いろいろと組織に於いても決算とか

人事とかに忙しくなって来ました。

我が剣道協会に於いても、規則とか取り決めがあって

運営の中心になる理事とかの退職年齢とかも決めて

あります。

何年か前に、長寿時代の反映で、少し年齢が延びたように

記憶していますが、○○長とうい椅子は座り心地が良い

のか、退職年齢にさしかかって来ると執着する長老も

居てなだめすかせるのに大変です。(ー_ー)!!

一般的に、二通りのパターンがあるようです。

○○長とかの座が誇らしく居座りたいタイプと

役職には就かなくていいから、楽しく一会員として

稽古をしたいタイプと・・・・・。

私達夫婦は、直接の亡師範からの頼みで事務局を頼まれ

20年近くこの職に就いています。はっきり言って、事実上の

会の運営の要で主軸になります。ダーリンは、自分の天職の

ように思ってますので、若い世代に引き継ぐまではやるで

しょうし、私も一緒に頑張るつもりです。

責任が大き過ぎて、若い人が尻込みするので、いろいろと

引っ張り出して、今、教育中です。正直、早くリタイアして

楽しく稽古が出来るようになりたいのです。

私達は、剣道のお陰で公私ともに順調に歩んで来れたので

その剣道に対してのせめてもの恩返しで今頑張っています

から名誉欲などありません。

長老の皆さんに一言♪

「引き際は、美しく、潔くがカッコイイよ〜♪

若い人に任せてくださ〜い♪」

長老達は生きている限り、いやその後も先生に違いない

のですから!!