読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜入院室にて〜

いよいよ、ばっちゃまが退院となりました。

85歳の高齢と言う事で、最悪の場合も覚悟の上

手術に挑みましたから、とっても晴れ晴れとして

嬉しい気もちです\(~o~)/

次々と、手術が行われており、病室の方も入院時と

半数入れ替わっています。

3日ほど前に入って来たおばあちゃん、70代ですが

病人らしくなく、おしゃべりでうるさいくらいです。

良い意味に取れば、病室が明るくなると言えますが

家のばっちゃまと同じ日に手術されたお向かいのベッドの

Mさんはあちこち手術されてて、経過があまり芳しくありません。

「痛い、痛い・・・・・」と言われてるので私なんか

行っても、挨拶位で済ませてるのですが、彼女は、

自分の機嫌のまま、ペラペラしゃべりまくっています。

手術の不安から逃れたい為、敢えて明るく振舞って

いるようにもみえなくもないですが、

早く手術すれば少しは大人しくなるんだろうけれど

なんて陰で話しています。

時と場所を心得て、相手に対する思いやりって本当に

大事だなとつくづく思います。

痛い、痛いと言ってらっしゃるMさんは、まだお若いし

一日も早く退院のめどがつかれますようお祈りします。

先に退院してしまうことに申し訳ない気持ちです。

それぞれ、病状も違いますし、仕方ありませんが、入院した

順に退院出来たらいいのにね(T_T)って思います。


花鳥園にて